So-net無料ブログ作成
検索選択

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。

Give me one little peek [ゼフィルス]

HFの栗の木も花が咲き始めました。

ゼフシーズンもピークのサインですが、先日の猛暑の翌日から、チバは雨が続いていました。

そんなある日、朝起きたらピーカンではないですか。

ちょっと出遅れの感もありましたが、行くしかありません。

P6150910.jpg

ミドリシジミ (シジミチョウ科)


でも栗の花にくる子たちを観察していても翅は広げてくれません。

広げてくれるのはこの子だけ。

P6150431.jpg

ダイミョウセセリ (セセリチョウ科)


吸蜜中の良い点は、かなり近寄っても逃げないこと。間近でゆっくり観察できます。

じっくり観察できたおかげであることに気が付いたのですが、それはまた後ほどということにして・・・

クイズです。

チョウチョのほかにもう一匹います。10秒以内で見つけてください。

P6150996.jpg


この写真で種別まで分かる方は間違いなく虫屋さんでしょう。


ヒント : テントウムシではありません


nice!(33)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西風の吹き戻し と 梅雨の思い出 その2 [ゼフィルス]

旅から帰ってきました。 楽しい探虫の旅でした。

その記事はもちろん書くつもりですが、何回かにわたると思うので、記録のために臨時号を出しておきます。
(そうしないと埋もれてしまうと思うので)

さて、先週ホームフィールドの観察会に参加したのですが、遅れて到着したのでいつもの入口からでなく、
下(しも)の方からアプローチして林縁をいそいそと、だけど虫の気配には注意しつつ観察会の場所へ向かっていると、モミジイチゴの木の梢の中に白っぽいものがちらりと見えました。

何かなと思って枝の中を覗き込むと、ちゃんと確認する間もなくその子は林の中へ消え去ってしまいました。

観察会の合間に指導員の方に「ここにオオミドリはいますか」と尋ねてみたら、いますよとのことだったので確信しましたが、同時に撮り逃したことの残念さもこみあがってきてしまいました。

ところが、

観察会終了後にもう一度その道を戻ってみると・・いたのです。

2013_07_07 12_03_06.jpg

オオミドリシジミ (シジミチョウ科)


ミドリシジミと比べて翅裏の色合いが白っぽいのですが、実際に見ると文字通り大きさで区別できます。

あきらかに一回り大きいのが、オオミドリシジミ。

比較のために同じ日に撮影したミドリシジミちゃんを。

2013_07_07 11_08_15.jpg

ミドリシジミ (シジミチョウ科) ISO上げすぎ


続きはオマケです


nice!(27)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西風通信 臨時増刊号 [ゼフィルス]

先日の大雨の後でした、夕暮れ時に様子を見に行ったいつものハンノキ林。

願わくばゼフの巴卍飛行(注)がみたいと思ったわけです。(写真はありません)

少し離れたところから様子を見た限りでは、動くものはまったく何もいません。

風もなかったので梢も鳴らず、しんと静まり返っていました。

それではと林縁のとっておきの観察ポイントに近寄ってみると、栗の木に一匹いました。

2013_06_23 17_01_29.jpg

ミドリシジミ (シジミチョウ科)



臨時増刊号につき・・


nice!(27)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西風MAX ~ハンノキ林は大賑わい~ [ゼフィルス]

台風が発生したこともあり、ついに梅雨らしいシトシト模様になってきたチバですが、

それを見越して一昨日また観察に行ってきたのでした。

朝寝坊さんの妖精たちであることも見越してホームフィールドに着いたのは午前8時ちょっと過ぎ。

例によってぐるっとハンノキ林の周りを巡回してみると、いきなり全開の子が樹上に一頭いました。

2013_06_10 08_37_46.jpg

ミドリシジミ ♂ (シジミチョウ科)


ちょっと遠かったのですが、あえてズームレンズに付け替えずに「おはよう」とまずはご挨拶代わりに撮影。


西風祭りとなりました


nice!(29)  コメント(19) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西風強し ~ハンノキ林の妖精たち~ [ゼフィルス]

未明まで雨が降っていたチバですが、朝になって雨はあがりました。

今年は早くシーズンインしたので今日もいそいそとゼフ観察に出かけるのでありました。

学生たちの研修田の整備をしていた方に朝の挨拶をしていざフィールドインです。

いくつか観察ポイントがあるのですが、まずは遠巻きに様子をうかがうことからはじめます。

しかし、各ポイントをひととおりぐるっと廻るも姿は見当たらず。

ところがスタート地点に戻るべく散策路を引き返していると、山側の?の葉の上にこんな子がいました。

2013_06_08 09_13_39.jpg

ミズイロオナガシジミ (シジミチョウ科)


ホームフィールドでははじめて観察できました。

この子もチームゼフィルスの一員なんです。


西風が強く吹き始めました♪


nice!(32)  コメント(20) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。