So-net無料ブログ作成

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。

虫神様の化身 [甲虫]

前記事でアゲハ神社へ向かう途中、梢上のゼフを1時間見上げた場所は山道の分岐点でした。

案内板などはなく、どこへ続くのか不明でしたが、急登の参道ではない別のルートを辿ってみました。

参道は灌木のトンネルでもあり、直接陽射しが降り注ぐ場所は限られていたのですが、

そのルートは南斜面で道幅もやや広いので明るく、参道よりも乾いていました。

コンチューターの感度を最大にし、左右の葉の上を確認しながら登っていきましたが何も見つかりません。

やっと地面に舞い降りたオオミドリシジミを見つけ、例によってにじり寄り撮影しようとしていると、

背後からクマ鈴をチリンチリンと鳴らしながら登ってくる人の気配がしました。

このままではチョウが人の気配に気付き、撮影は失敗するだろうと判断し、捕獲することに。

ちょうどネットインしたところにたどり着いた登山者は女性のお年寄りでした。

おばあさんは網を見るなり、

「虫採りかぁ」

「はい」

「ここはあんまり虫いねぇと思うよぉ」

「そうですか」

と応えつつも、内心では「十分多いと思うのにこれでも少ないとは・・」とつぶやいていました。

「ところでこの道はどこに続くのでしょうか?」

「本殿につくよ。これは作業用に作った道だ」

なるほど、だから参道ほど急ではなく幅も広いのかと納得。

お礼を言ったあと、ダブルストックをついてゆっくり登っていく背中を見送りましたが、ふと思案。

このまま後を付いていくと、おばあさんが露払いになり、虫がいたとしても散ってしまいます。

なので、少し時間差を作ることにしました。

捕まえたゼフを三角紙に入れ、水分補給をしつつ小休止。

そろそろいいかなと立ち上がり、数歩進んだところで左手のクリの若木がふと気になりました。

何かいないかと葉っぱを丹念に・・と思うそばから特徴的なシルエットを見つけました。

TG20170715_012.jpg

ゴマダラオトシブミ (オトシブミ科)


虫ブロにはもう何度も登場しているとおり、この子もゼフの季節の虫です。

その同じ木に何匹かいた何かの幼虫。

TG20170715_018.jpg

未同定


ハムシの仲間の幼虫ではないかと思いますが・・分かりにくいですが食痕が面白い。




アゲハ山の虫~甲虫編~です


nice!(29)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新フィールド Part 2 ~ 甲虫編 ~ [甲虫]

前回に続き、新しいフィールド、北総花の丘公園周辺から。

今回は甲虫(コウチュウ)編です。

自然生態園と隣接する田んぼの境界にはクズやカナムグラなどが繁茂しています。

そんな藪や草むらを探索すると、いろんな甲虫を観察することができました。

最初に紹介したいのは、俗に”パンダゾウムシ”と呼ばれる小さなゾウムシの仲間。

2013_06_15 10_23_26.jpg

オジロアシナガゾウムシ (ゾウムシ科)


俗称の由来は見た目です。


出張のため予約投稿です


nice!(29)  コメント(16) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

GW増刊号 [甲虫]

立夏も過ぎて、虫たちも一気に出てきたような気がするチバですが、今回は増刊号。

考えてみるとはじめてかも知れませんが、”鞘翅目特集”です。

まずは前記事でギンイチモンジセセリを見つけるまでの間に撮った甲虫類を紹介します。

最初はこの子。

2013_04_29 10_08_41.jpg

クロボシツツハムシ (ハムシ科) 10mm弱


ナナホシテントウに見間違えやすいですが、体が少し細長い。

また、ハムシの仲間はテントウムシ科よりも一般に触角が長い。(短いハムシもいます)

そう、この子を撮っていたらギンイチが現れたのでした。

甲虫をもっと見る


nice!(29)  コメント(14) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。