So-net無料ブログ作成

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。

探虫行 ブログトップ
前の5件 | -

Iアラート [探虫行]

前記事と同じ山塊へ、しつこくフィールドワークに行ってきました。

ただし、また別ルートで臨みました。

というより、同じ山塊を逆側から登ってみようということででかけた8月26日のことです。

TG20170826_024.jpg

オニヤンマ ♂ (オニヤンマ科)


トンボクエストの続きではありません。

なぜしつこく訪れたかというと。

前回大勢のセンチコガネたちに逢えたことに味をしめ、糞虫やオサムシなどの地表性の昆虫を探しに行きたかったのです。


”糞虫”は”ふんちゅう”と読んでください


nice!(27)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

トンボクエスト Ⅱ [探虫行]

「勇者はトンボを探しに」のリベンジ編です。

8月20日、せっかく手に入れた大カマを手放し、再度丸腰で挑む果敢な(無謀な)勇者。

今度はモンスターだらけの裏ルートではなく、攻略本に載っている表ルートを目指します。

苦労はしませんでした。

表ルートは看板がちゃんと出ていて、すぐ分かるのです。

前回はもっと手前から山に向けてアプローチしてしまったのでした。

TG20170820_076.jpg

アオイトトンボ ♂ (アオイトトンボ科)


お目当てのトンボには会えなかったのですが、今度は「カメラ」という強力なアイテムがあります。


ここも30分で着いてしまいます


nice!(24)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブナ林を探した夏 [探虫行]

8月13日・・もう遠い過去のようですが、この夏の記録として。

前記事のとおり、前々日に湯殿山に行ったばかりなのに、またそのエリアへ行きました。

TG20170813_082.jpg


クワガタやカブトムシなど、大型の甲虫類に逢いたくて、ブナ林をGoogleMapで調べてみたのです。

まあ、”ブナ林”ではヒットするはずもないと思ったのですが、観光ガイドのHPに二か所ありました。

そのひとつ、大鳥池も考えたのですが、かなり山深くて地図ではアプローチの仕方がよくわからず。

なので、もうひとつの選択肢にしたというのが場所選びの(単純な)理由でした。



朝8時過ぎに出発して


nice!(23)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

勇者はトンボを探しに [探虫行]

前記事の翌日、8月6日も探虫に。

今回はお告げを受けていないので、いつものようにGoogleMapと相談しようかと思いましたが・・

あるトンボがある場所にいるという情報を地元紙で見たのでそこを目指すことに。

もちろん未踏の地で、しかも整備された公園でもないようでアプローチの仕方がわかりませんでした。

まあ行けばわかるだろうと、ナビに目的地をセットしていざ出発。

(たったの)30分後、人里を抜けてこんなところに着きました。

IMG_20170806_083518.jpg




バイク記事ではありません


nice!(24)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ベニシジミ号 復活! [探虫行]

突然のストールで沈黙してしまったベニシジミ(春型)号。

チバのバイク屋さんに電話して症状を伝え、対処の仕方を相談しました。

メインキーをオンにしたときに、いつも聞こえる”チーーー”という音がしないのは明らかな異変。

この音、燃料ポンプがガソリンを吸い上げるときの動作音なのです。

何度メインキーのオフ/オンを繰り返しても音がしないのは、燃料ポンプが動いていない可能性大。

燃料がエンジンにいかなければエンジンがかからないのは当然。

ただ、バッテリーも弱っているようだったので、まずはバッテリー交換してみることにしました。

IMG_20170805_134110.jpg

本編の探虫後に立ち寄った漁港にて




バイク記事ではありません


nice!(27)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の5件 | - 探虫行 ブログトップ

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。