So-net無料ブログ作成

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。

青い哲人 [探虫行]

7月はアゲハ山だけではなく、同じ山塊の別のピークへの登山道を探ってみました。

アゲハ山から尾根伝いに向かうこともできるようでしたが、それだけで一日かかるかなりの道のり。

なので、他にもう少しショートカットできる登山道はないかと。

こういうときGPSというのは本当に便利。

登山口がありそうな道へ順に入ってみました。

ところがどれも麓の林に入ったとたんに行き止まり。

何本目かの細い農道を辿っていき、その終点にやっと登山口の標識を見つけたのですが・・

その入口は藪漕ぎもできないほどに埋まっていました。

TG20170720_009.jpg







この虫の解説はのちほど


nice!(27)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アゲハ山探虫 ~その他編~ [探虫行]

アゲハ山探虫行で出逢った未紹介の虫たちを。

当然ですが、チバとショウナイは動物相も植物相も昆虫相も違います。

チバにいるのと種は同じでも容貌が少し違ったり個体数が違ったりします。

調査をしているわけではないですが、そういう地域差を楽しんでいるところです。

なのでゼフと甲虫以外に観察した昆虫たちも記録として残しておきたい。

まずはこのチョウチョ。

TG20170714_073.jpg

サカハチチョウ 夏型 (タテハチョウ科)


夏型の色ということでは関東と色変異はないように思います。




オシャレなチョウチョです


nice!(30)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

南東北西 [探虫行]

山形県は南東北エリアに入ると思いますが、だとするとショウナイはその西側ですので南東北西。

みなみとうほくにし・・かえってどこだか分からないですね・・

さて、その南東北西でのフィールド探しの準備も例によってGoogleMapを利用。

まずは無難にというか、移り住む前から県立自然公園があるのが分かっていたので、そこをチェック。

ところがそこはチャリで行けなくはないけど躊躇してしまうという距離でした。

もう少し近いところはないかと付近の地図をぐりぐり動かしていると池を見つけました。

かなり大きな二つ池で、GoogleEarthで確認すると西側は山と森、東側は湿地という申し分ない環境。

TG20170618_036.jpg

ヒメシロコブゾヴムシ (ゾウムシ科)



決まりです


nice!(29)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ショウナイ虫はじめ [探虫行]

まずは足場を固めるというか、足元のカクニンということで、市内を流れる川の土手へ。

新しく買った自転車で行ってみました。

梅雨入り前で天気も上々。

TG20170617_016.jpg


川岸にはヤナギやクルミの木、イタドリなどが刈り取られずに繁茂しています。




まだ不案内のため


nice!(28)  コメント(13) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ボウソウでやり残したこと [探虫行]

チバを離れるにあたり、あらためてボウソウでやり残したことを考えてみました。

そういわれてみると何だっけ?

では逆に、今年シーズンインしたら行こうと思っていたのはどこだっけ?

それはいくつかありました。

その中から、去年の暮れ、12月30日にはじめて訪れ、夏になったら行こうと思った場所へ。

TG20170611_365.jpg

ノシメトンボ (トンボ科)






思えばノシメトンボは房総を象徴するようなトンボでした


nice!(27)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。