So-net無料ブログ作成

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。

空蝉 [詩句]

久しぶりにホームフィールドの自然観察会に参加してきました。
7月にハグロトンボを探しにきて以来でした。(そのときは出会えず)

観察会がはじまる前にひと回りしようとたくらんで、1時間くらい早く行ったのですが、
すでにボランティアの説明員の方2人は準備をはじめてました。
これから下見に行くというので、金魚のフンになる許可を得て、付いていくことに・・・

いつもはぬかるんでいるくらいの森の小道の地表がひび割れていることにまずはびっくり(@_@*)゚
その薄暗い林の下草にトンボがいるのを発見!(説明員の人が^^)

2010_09_05 1.jpg

オオアオイトトンボ


森を抜けると谷津田が広がるのですが、その土手にはきれいに並んで
2010_09_05 4.jpg

センニンソウ

や、ツリガネニンジンが白く涼しく咲いていました。

それから、田んぼの稲穂の波の上にはたくさんのトンボたちが飛び交っていました。
2010_09_05 6.jpg

オオシオカラトンボ(連結)


シオカラトンボのメスは黄色い(通称ムギワラトンボ)と信じていましたが、
青いメスもいるんだよということですね ( ..)φ

モンキアゲハも出現して、説明員の方も「ここではめずらしいですねぇ」とおっしゃってましたが、
あっという間に飛び去ってしまい撮り損ねましたщ(T_T)ш (その後は一度も現れず・・)

田んぼの縁に沿って行ったり来たりしてたのは、オニヤンマのダンナ。
2010_09_05 5.jpg

やっと止まってくれました


そして今回の主題は蝉です。
ミンミンゼミやアブラゼミの声はもうしません。
聞こえてくるのは秋の訪れを知らせる「オーシーツクツク、オーシーツクツク」の声。
そしてそのツクツクボウシの抜け殻!
2010_09_05 2.jpg

セミの幼虫の脱衣所!? (@_・)


説明員の方がいうには、「好きな場所ってのがあって、そこに偏る」んだそうです。
2010_09_05 3.jpg

幼虫から幼虫が羽化した(・ε・?


他にもバッタやハチやチョウなども観察できましたがこの辺で。

そして観察会開始直後に林の中でお出迎えしてくれたのは・・・
2010_09_05 7.jpg

ハグロトンボ♂

いつみてもキレイです(^-')b


さかしまに 残る力や 蝉のから
正岡子規


nice!(12)  コメント(5) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 12

コメント 5

sasasa

蝉が脱皮するのも、やっぱり好みの場所ってあるんですね(^_^)
by sasasa (2010-09-05 22:57) 

mimimomo

おはようございます^^
観察会が始まる前に観察するっと言うのは
なかなかいい手ですね^^
じっくりお写真も写せたのでは?
オオアオイトトンボ、ハグロトンボ・・・美しいですね。

団子○○兄弟じゃないですが、結構見かけますね~やはり好みの場所が・・・
by mimimomo (2010-09-06 08:45) 

やまべぇ

ツクツクボウシの抜け殻はミンミンゼミ、アブラゼミに比べると白っぱい感じなんですね(^_^)
これの鳴き声があちらこちらから聞こえてくると、夏の終わりを感じますよね(^_^)
by やまべぇ (2010-09-06 18:49) 

さる1号

蝉の抜け殻が重なっている様がおもしろいですね。
後ろから話かけているみたいで。
蝉は偏った場所で羽化するとは初めて知りましたが納得しました。
前に抜け殻の探索に出かけたとき特定の場所のみで抜け殻の行列がありましたから。
by さる1号 (2010-09-07 08:06) 

かっか

>さささん
その判断基準はまだ解明されていないようですね^^
ナゾのままのほうが楽しいですけど。。

>mimimomoさん
そのとおりなんですよ。観察会中は一応集団行動しなくちゃなので、
あまりじっくり写真撮れないんですよね^^;
下見の見学もできておいしさ2倍!でした。
イトトンボの同定は難しいんですけど、
今回は専門家のお墨付きですv(^o^)v

>やまべぇさん
いいところに気が付かれましたねっ
ツクツクボウシは”ツヤ”がないんです。だから白っぽく見えるんですね。
そう、子どもたちには夏休みの終わりを告げる声でもありますね。。

>さる1号さん
なるほど。話しかけているようにも見えますね。
ちょっとちょっと、肩揉んであげようか?なんて^^
by かっか (2010-09-07 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。