So-net無料ブログ作成

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。

溝蕎麦と釣舟 [探虫行]

体育の日、フィールド巡回とネタ探しに行ってきました。

しばらく訪れていなかった緑化植物園。 ここなら何かしら花が咲いているだろうと思いました。

でも植物園内は一旦スルーして都川にまっしぐら。

もはや草原と化している休耕田に盛大に咲いていたのが、溝蕎麦と釣舟草でした。

2012_10_08 12_14_45.jpg


前者は開けた明るい場所、後者は木陰の薄暗い場所に群生していました。

上の写真は釣舟草の群落の中にぽつんと混じっていた、溝蕎麦のシロバナです。

まずは、ミゾソバの咲く明るい場所の光景。

2012_10_08 11_55_19.jpg


春のレンゲや秋のミゾソバは、天気の好い日の田んぼ周辺の象徴的な里風景ではないでしょうか。

この日はやや風が強かったのですが、フィールドを満たす空気が明るくて爽やかに感じられます。

こうして虫がいてくれると、もう何も言うことがありません。

2012_10_08 11_56_45.jpg

ツマグロヒョウモン ♂


ツマヒョウは♂と♀がいましたが、どちらも近くに寄ってくることはありませんでした。

2012_10_08 11_59_41.jpg

オオハラナガツチバチ


この子たちは蕾を無理やりこじ開けて吸蜜しているようで、ぽろぽろと花が落ちるのがわかりました。

2012_10_08 12_08_32.jpg

ヒメアカタテハ


こちらはお行儀よさそうでしたが、花が小さいのでバランスを保つのは大変そうでした。

次は、ツリフネソウの群落。

実は、まず目に付いたのはこの花に来ていた虫だったのですが・・

2012_10_08 11_28_59.jpg


ツリフネソウの花はハナバチの体がちょうどすっぽり入るくらいの大きさなんですね。

2012_10_08 11_29_25.jpg

トラマルハナバチ


「さぁて、次はどの花にしようかな」

舌を出したまま、物色しています。

2012_10_08 11_33_30.jpg


「この花にしよう」

もう舌がでちゃってます。

しばらくマルハナバチたちを観察していたら、とっても気になる子がやってきたのですが、すぐ見失ってしまったので、少しフィールドを落ち着かせるために草原を一周することに。

これといった虫がいないなぁと思っていたところに一匹だけ。

2012_10_08 11_50_39.jpg

ツチイナゴ


それと、もうお昼に近かったのですが、土手にこんな花が。

2012_10_08 11_51_54.jpg

カラスウリ


網目のような花びらはしおしおになっていますが、夜になると咲くというか、広がるんですよね。

さて、そろそろ元の場所に戻ってみましょう。

*


どうやら作戦は成功したようです。 いました。

2012_10_08 12_23_46.jpg


日陰なのでシャッタースピードを稼げないし、風も強いしで、なかなかレリーズできませんでした。

ところで、この子は・・・わかりますよね。

2012_10_08 12_23_46t.jpg

ホシホウジャク


スズメガの仲間で、高速で翅を動かしてホバリングしながら花の蜜を吸うのが特徴です。

高速回転する翅を止めて撮るにはシャッタースピードを1/1000以下にする必要があります。

感度を目いっぱい上げてSS1600でも翅が止まりませんでしたが、 さらに拡大してみます。

2012_10_08 12_23_46t2.jpg


体の長さと同じくらいのストローを使って吸蜜するのですが、マルハナバチのように花の中に体を突っ込む場面も。

2012_10_08 12_45_58.jpg


思い切ってSS2000にしてみましたが、やっぱり止まらず・・風が強いと回転数も高くなるのかも知れません。

たぶん少なくとも1時間以上はこの子だけを追っかけまわしていたのですが、(後に2匹目が現れました)
相性があまりよくなかったようで、披露できる写真はたったのこれだけです。

でも、この子は見ているだけでも飽きない虫ですし、またいつか撮影トライしようと思います。




オマケ


園内にはバラ園もありましたが、バラにはまったく虫がきてなくて、バラだけの撮影は不得意なので一枚もなし。

ただ、生垣に咲いていたこの花はマルハナバチもお気に入りだったようです。

2012_10_08 13_32_40.jpg2012_10_08 13_33_22.jpg

ホトトギス


種類が違うようですが、わかりません。。




今日の湯加減

実は昨日また鴨川まで行ってきました。
結果的に収獲はほとんどなかったのですが、天気がよくて行楽日和でした。
まあ、天気がよくても、ずっと薄暗い深い林の中にいたのであまり関係ありませんでした・・
そのフィールドに行く前にまたあそこに寄ってしまったのです。
とにかく味が気に入ってしまって、とても楽しみでした。
食べ終わったあと、店の主人に先日の道案内のお礼を言ったら覚えていてくれました。
虫の写真を撮っているんですという話をしたら、自分のコンデジを出してきて、
店の正面の山波に沈む夕陽の写真をたくさん見せてくれました。
とてもいい夕景ポイントのようで、今度店内に飾ろうかなって・・・また来なくちゃ。



2012_10_13 13_41_46.jpg

ごちそうさまでした。



nice!(44)  コメント(23) 

nice! 44

コメント 23

亜緒

わぁ^^
一番ノリ~♬
このピンクの小さなお花、今日可愛いな~
って思って撮ったの^^;
ミソソバって言うのね^^覚えておこう~♬


by 亜緒 (2012-10-14 18:59) 

さとし

カラスウリの花、面白いですね。
by さとし (2012-10-14 21:24) 

ぜふ

>亜緒さん
一番海苔ありがとう。
ミゾソバはここ数年、毎年撮っています。田んぼに行くとどうしても撮りたくなるから。
あ、コンペイトウ草ともいうんだよ^^

>さとしさん
咲くともっとおもしろいんですけどね^^
by ぜふ (2012-10-14 22:36) 

Rita

こんばんは^^
カラスウリって変わったお花ですね、初めて見ました(*'o'*)
蜂さんが飛んでいますが、刺さない蜂さんですか?
by Rita (2012-10-14 23:31) 

takenoko

蜂の羽ばたきスピードは速いですね。
胴体の部分は止まりますが羽はだめですね。
by takenoko (2012-10-15 05:54) 

ぜふ

>Ritaさん
夜咲く変わった花ですね^^
マルハナバチは大丈夫です。刺すハチは意外に少ないんですよ^^

>takenokoさん
ハチの翅は止めようとは思いませんね。
風が強くなくても・・^^;
by ぜふ (2012-10-15 06:34) 

mimimomo

おはようございます^^
緑化も暫らくお邪魔してないわ。
ホシホウジャクは以前よく我家の玄関に来ていましたが《ひょっとしたらスカシバかも》最近はたま~にしか見かけません。
by mimimomo (2012-10-15 08:25) 

Silvermac

名前を教えていただきアリガトウございました。
by Silvermac (2012-10-15 09:31) 

うえいぱうわ

ホシホウジャク、なかなかの高速羽ばたきなんですね。
ほとんど振動に近いのかな?
まあ、いくら軽い虫とはいえ、ホバリングっていうのは
エネルギーいるんだろうなあ。

by うえいぱうわ (2012-10-15 11:45) 

yakko

こんばんは。
サツマニシキを教えて戴き、アリガトウございました(_ _)
ホシホウジャクは動きが早くて撮れません。スゴいですね。
by yakko (2012-10-15 18:26) 

g_g

この様に綺麗なホバリングの姿を機会があったら撮ってみたいですね、でも性格的にじっくり待てないので永久に駄目かな?
by g_g (2012-10-15 19:51) 

ぜふ

>mimimomoさん
花が思ったより少なかったですね。(バラは別として^^)
ホウジャクでもスカシバでも見ていて楽しい虫ですね♪

>Silvermacさん
シロシタサツマニシキかもしれませんが、サツマニシキということで^^;

>うえいぱうわさん
トンボとちがって寸胴なので、ほんとにエネルギーがいりそうに思います。
とにかく回転数の高さは2ストロークエンジン並みかも^^;

>yakkoさん
おふたりとも撮られたんですね。とてもうらやましいです^^
ホウジャクはとまっている姿はあまり面白くないんですよね・・^^;

>g_gさん
ホウジャクは待つだけではだめで、追い掛け回すフットワークも必要です^^
が、花によっては長くステイすることもあるので簡単に撮れるときも。
ただ、ツリフネの滞在時間は・・・1~2秒です^^;
by ぜふ (2012-10-15 22:34) 

barbie

ツリフネソウにすっぽりはまってみたい(笑)
周りはバラ色の人生かな(^з^)-☆
by barbie (2012-10-15 22:45) 

ぜふ

>barbieさん
そう、そこは甘いあまい蜜の世界・・・^^
チョウチョに生まれ変わるのもわるくないかもしれませんね。。
by ぜふ (2012-10-15 22:57) 

engrid

ホシホウジャクのホバリング姿、いいですね
飛んでる姿は、活き活きとして見えますもの

カラスウリの花、一度みてみたいと思っています
あみあみのものが夜に開いていくのですか、神秘な雰囲気!
by engrid (2012-10-16 07:41) 

mipoko

カラスウリってオレンジのカラスウリ?
の花? 素敵ね♪
凄いね〜 モスラが飛んでるぅ〜!
by mipoko (2012-10-16 13:07) 

ぜふ

>engridさん
ホウジャクはとまってる姿と飛んでる姿のギャップが大きいです。
カラスウリの花はさすがにもう見れないかもしれませんね・・

>mipokoさん
そう、あのオレンジのですよ^^ ふしぎな植物ですね~
モスラはねー、エビラでもあるんですよ^^
http://floralmoon.blog.so-net.ne.jp/2010-10-09
by ぜふ (2012-10-16 22:32) 

miya_gon

1/1000以下の世界、すごいですね(^^;
こうなると実際に撮れているのかどうか?肉眼ではまったくわからない世界ですね(汗)でも、これ、ホントすごいです。空中に浮かんでる
ように見えます。こんな顔してたんですね、飛んでるのは見たことが
ありますが、この顔、このストローは初めて見ました。すごい!
by miya_gon (2012-10-17 09:37) 

ぜふ

>miya_gonさん
肉眼で見る世界と1/1000秒の世界の違いがおもしろいんですよね^^
ストローは肉眼でもなんとか見えますが、顔はさすがに・・初対面?^^;
今度ぜひご自分でもトライしてみてください。楽しいですよ。
by ぜふ (2012-10-17 23:11) 

響

ご馳走様。
いや、虫じゃなくて最後のやつね。
高速で動く羽を撮れると面白いかも知れないけど
目に目見えないほどの速さで羽を動かしてるのが良く伝わる良い写真です。
by (2012-10-18 17:26) 

ぜふ

>響さん
トンコツチャーシューメンおいしかったです♪
でもホシホウジャクはいつまでもいつまでも蜜を吸い続けていました。
あまりに高速で吸ったその瞬間に消費しちゃっているのかもしれませんね・・^^
by ぜふ (2012-10-19 07:05) 

sakamono

ホシホウジャクを、こんなふうにも撮れるんですね。
こういう虫を何度か見かけていますが、近づくと、すーっとどこかに
飛んで行ってしまいます。時間が経ってから、戻ってみれば、また
見られたかもしれないですね。
by sakamono (2012-10-20 19:34) 

moz

ホシホウジャクの写真すごいです。
昨日じぶんも会ったので写真撮りましたが、400で撮ったので全然つかまえられませんでした。1600くらい必要なんですね。
今度チャレンジして見ます。
by moz (2012-10-28 08:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。