So-net無料ブログ作成

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。

思いもかけぬこと ~平成最後の探虫行~ [探虫行]

まだリハビリは終わっていませんが、バイクには乗れるようになりました。

運転するのに腕の力はほとんど要らないので、バイクに乗れる条件は運転できるかではありません。

ライダーならすぐピンとくるでしょうけど、力が必要なのは車体の取り回し。

つまり、停車しているバイクを動かせるか、あるいは万一倒してしまったときに起こせるかです。

ベニシジミ号の乾燥車重は約130kgと軽いこともあり、セルフ実技試験をしたところ合格。

ということで、久しぶりに房総探虫行へ。なんとか平成が終わる前に間に合いました。

TG20190429_123.jpg


この子については本編にて。


令和最初の記事は平成最後のこと


nice!(28)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ナバナンボウ [探虫行]

利根川リベンジはなんとか果たしたものの、まだまだミッションはいくつも残っています。

ハードルはやや高いですが、やはりボウマイミッションはクリアしたいところ。

南房は遠いですがモチベーションが高いうちに行ってきました。

TG20190113_052.jpg





扉の写真はカモガワです


nice!(17)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ホリゾメ 2019 [探虫行]

虫ブロをはじめてからもう少しで満10年になります。
(前身のブログをはじめてからはちょうど満11年になりました)

10年前の虫ブロ以前の記事を紐解いてみようかと、記事管理機能で遡りましたが、記事の出だしから拙くて、それらを読み返そうという気持ちはすぐ消え失せました。

と、これもまた拙い書き出しになりそうなので・・

新年おめでとうございます。

TG20181230_010.jpg

神崎大橋


探虫行の相棒、ベニシジミ(春型)号で今年も駆け巡ります。

まずは虫ブロ10周年と500回を目標にします


nice!(21)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

何に見える? [探虫行]

チバも突然真冬並みの気温になり、昆虫観察も冬モードにチェンジ。

前記事でもフユシャクのプチ観察会をしたのですが、チバの定点観測場所にも行ってみました。

昨冬はショウナイにいたのでニ年振りです。

観察のメイン会場は水路沿いの手すり(木柵)です。

これはフユシャクではありませんが・・

TG20181214_088.jpg


手すりが新しくなったように思います・・気のせいかな。




クモが登場します


nice!(21)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

人骨山の女郎蜘蛛 [探虫行]

昨年の今頃はショウナイで雪降ろしの雷鳴を耳にした途端に雪が降り、冬の到来を実感していました。

昆虫シーズンが閉店するのは淋しいですが、冬が来ること自体に拒絶感は抱きません。
(真冬が過ぎる頃は春が待ち遠しくてたまらなくなりますが)

3月はブルーマーチになるのが常なのはともかく、どうやら毎年この時期も、季節の変わり目が原因ではなくて気分が青くなりがちだということに今更ながら気が付きました。

さて、この日の前日もかなり濃いブルーだったのですが、ふと気分が持ち直して行ってきました。

TG20181123_033.jpg


11月23日、もう一度南房総へ。

前回、まんぼうのマスターに教えてもらったけど「また今度」にした山へ。

怪しいタイトルのツーリングログになってしまったのですがまさに日記として記録しておきます。


タイトルでキケンを感じる方はスルーしてください


nice!(22)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

"Wessay"とはWeb Essayを約めたオリジナルの造語です。